派遣社員の場合のキャッシング審査

キャッシングをする時の審査の内容は、派遣社員も正社員も実はほとんど違いはありません。ただ、在籍確認の電話のかける先には違いがあります。派遣社員の場合、派遣先のオフィスにかかってくる場合と、派遣元の会社にかかってくる場合があります。またどちらの会社にもかかってくるケースもあります。

 

もう1つの違いは「勤続年数が重要視されている」ことです。派遣社員の信用度は勤続年数に比例すると言えます。長く働いている場合いきなり解雇されるリスクは低いのではないか、と評価されているからです。

 

派遣社員におすすめなキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

派遣社員の場合キャッシング審査は勤続年数が重要

キャッシング審査は他からの借り入れの有無や年収、さまざまなことが重要になってくるのは正社員も派遣社員も差はありません。しかし正社員の審査と違う点として「勤続年数」が重要視されるのです。

 

理由は冒頭にも書きましたが「勤続年数が長い程解雇のリスクが低いこと」です。銀行やカードローン会社にとって貸し出し先である人が解雇されるということはリスクが高いのです。派遣切りが怖いのは派遣社員本人だけでなくその人に貸し付けをしているカードローン会社や銀行も同じということです。

 

同様に勤続年数が重要視されるフリーター

正社員と違い勤続年数を重要視されるのは派遣社員だけではなく、フリーター、アルバイト、パート勤務の人も同様です。これらの勤務形態の方は常に解雇のリスクにさらされていると判断されているのです。そのリスクが低い事を証明する方法として「勤続年数」に注目しているわけです。実際の職場では皆さんもご存知の通り正社員より難しい仕事を責任もってこなしているフリーターやアルバイトや派遣社員はたくさんいます。

 

これは雇用者が安い人件費で派遣社員やフリーターを酷使し、自分の利益をあげているのです。こういうことはもちろん避難されるべきことですが今の状況では勤続年数が長い派遣社員やフリーターの現状がこうであるケースが多いのです。一概には言えませんが勤続年数が短い方より長い方の方がこの傾向にあります。

 

このような勤務はとてもきついですがその方が職場にとってベテランであり欠かせない存在である事は確かです。つまり簡単に欠かせない存在だから解雇されないであろうと予想できるのでキャッシングの審査では信用度が高くなるというわけです。

 

正社員、公務員の場合は勤続年数は重要視されない

では正社員や公務員の場合はどうなのでしょうか。正社員の場合も当然解雇の可能性はありますが正社員として契約している分派遣社員やフリーターと比べると格段に低いといえます。

 

特に公務員の場合倒産のリスクもありません。つまり派遣社員やフリーターの人と違い正社員や公務員は採用された時点で勤続年数を重要視するまでもなく解雇のリスクは少ないのです。キャッシングの審査はこのように雇用形態に応じてリスクをはかっているのです。

 

派遣社員の場合どの職場で申告するべきか

派遣社員の場合、派遣元の派遣会社と実際に派遣されている勤務先は別のところです。どちらを勤務先情報としたらいいのか迷う方が多いとおもいます。在籍確認の電話はどっちにかかってくるのがいいのでしょうか。

 

派遣会社が勤務先

基本的には申告の際、勤務先情報は派遣元である派遣会社を記入します。会社の規模なども派遣会社の情報を書き、年収も派遣先からの明細を元に記入します。そのキャッシング業者や銀行によっては派遣先である実際の勤務先と派遣元である派遣会社の両方を記入するケースもあります。

 

申込者の手間がかかるということで両方記入させるケースは少ないようですが、記入が任意になっている場合両方記入した方が審査が通りやすいこともあるようです。このような場合もありますが基本的には派遣元の会社(派遣会社)を記入するということを覚えておきましょう。

 

在籍確認の電話は?

派遣元の会社と派遣先の会社の両方を書いた場合、ではどちらの会社に在籍確認の電話がかかってくるのでしょうか。これはキャッシング業者、銀行によって違いますし、契約者本人の働き方でも違いがあります。たとえば日雇いの場合や頻繁に派遣先が変わる業種の場合は派遣先に電話したところで在籍確認ができません。こういうケースでは派遣元の会社に電話がかかってきます。

 

1カ所の派遣先に長く勤めている場合でしたら派遣先に電話ほうが確実に確認がとれます。派遣会社はたくさんの派遣社員を派遣していますから担当者が不在の場合確認がとれません。そもそも派遣元の会社というのは申し込んだ方が実際に働いている場ではありません。在籍しているかどうかの確認は書類上でできますが、派遣先こそがいわゆる勤務先になるわけです。ですから上気のような勤務先が毎日かわるようなケースでない限り派遣先のオフィスに電話がかかってくるのです。

 

派遣会社に在籍確認をする場合

あまりないケースですが申込者の勤続年数が長く信用度が高く、また借り入れ希望額が小さい等の場合は在籍確認をしないで審査を通してもらえる可能性もあります。在籍確認の電話を無理矢理かけると申込者の不満度が増す事になります。

 

しかしキャッシング業者や銀行が在籍確認をどうしても行いたいとしたらなにかそれと分からない方法で電話をして来る可能性はあります。ただし貸金業法施行規則の21条に借金の事実を第三者に知らせてはならないと明記されている以上それと分かるような方法は取らないと考えられます。

在籍確認がどっちにかかってくるのか不安な派遣社員の方へ

派遣社員の方がキャッシング申し込みをする際に、在籍確認の電話がどちらにかかってくるのかということは、とても気になる事柄ではないでしょうか。一般的には、本人が居るかどうかの確認なので、派遣先に電話がかかってきます。

 

派遣社員が実際に申し込んだ経験

どうしてもキャッシングをする必要があったので、思い切ってキャッシング申し込みをしました。その当時、派遣でテレフォンアポインターの仕事をしていたので、仕事中に電話に出ることは不可能であることを事前に担当者に伝えておきました。
仕事の休憩時間に、派遣先の上司から「さっき、〇〇さんいますか?って電話があったよ」と、声をかけられました。それで、在籍確認の電話だなと、分かりました。休憩時間にメールで本人確認完了の連絡がきてホッとしました。

 

派遣の雇用形態や職業によっても異なる

キャッシング会社側も、テレフォンアポインターの仕事をしている派遣社員に、直接電話に出て欲しいとは言えないと、判断したのでしょう。また、派遣先が短期間で変わる場合などは、派遣先ではなく、派遣会社に電話をするといったこともあるようです。

 

担当者名でかかってくる

あからさまに、キャッシング会社名を名乗られては、勤務先での立場が悪くなってしまいそうですが、周囲にバレても問題なさそうな職場であれば、逆に「私宛にキャッシング会社から電話がかかってくるからよろしく」と、言うことができますよね。それに、キャッシング利用を隠そうとしても、意外と人知れずキャッシングをしたことがある人が隣の席に座っていたら、これってキャッシングの在籍確認の電話じゃないの?と、感づかれてしまう可能性もありますよね。

 

中には、キャッシング利用を全く気にしない社風の職場もあることでしょう。そういった場合は、あまり周囲に気兼ねすることなく、申し込みができますよね。電話をかけてくる担当者も、この人ならすんなり在籍確認ができると、気を遣わずに電話をかけてくるでしょうし、審査もスムーズに進みますよね。

 

それでも電話は困るという場合は?

誰でもリスクは最小限にしてキャッシングをしたいはずです。職場の雰囲気によっては、在籍確認なんて絶対に無理という方もいることでしょう。最近では、電話による在籍確認が不要なところが増えてきたので、安心して申し込むことができるんです。

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

モビットのWEB完結

モビットのWEB完結は、三井物産銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることと、健康保険証の提出で、簡単に申し込むことができます。自宅や勤務先への電話連絡がないうえに、カードレスで申し込みができるのが特徴です。口座を使用したくない方の場合でも、キャッシングカードを自動契約機で受け取って、専用ATMからキャッシングすることができますよ。

 

プロミスとアコムも簡単です

プロミスとアコムは、本人確認の連絡先をメールか携帯番号にすることができるので、自宅の固定電話に電話がかかってくる心配がありません。それに、在籍確認も不要なので、スピード審査で即日融資ができます。しかし、審査結果によっては、在籍確認が必要なケースもありますので、大きな期待はしないほうが良いでしょう。

 

また、在籍確認の電話の代わりに、収入証明書の提出で在籍確認としてもらうことも可能となっています。給与明細や源泉徴収票を用意することができれば、土日祝日でも関係なく申し込みができるというメリットがあります。収入証明書は、利用限度額が50万円を超える場合や、他社借り入れ合計が100万円を超える場合などにも必要となります。

 

提出書類は、最新のものを用意する必要があります。給与明細は、直近2か月分が必要です。賞与明細がある場合は、直近1年分も用意する必要があります。また、提出書類には、本人氏名、発行年月日、勤務先名、月収が明記されていることを確認し、手書きの場合は、勤務先の社判か社印がなければいけません。

 

その他提出可能な書類は、市民税、県民税額決定通知書、所得証明書などがあります。有効な書類かどうかについては、担当者に確認をしましょう。

 

銀行の在籍確認とは?

銀行の審査はキャッシング会社よりも厳しいのと、口座開設が条件となっているところが多いので、審査に時間もかかります。しかし、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、口座開設不要で、在籍確認なしで審査をしてもらうことができます。営業時間も、かなり長くなっていますので人気があります。

 

それから、楽天銀行のスーパーローンは、専業主婦でも借りれると人気のローンです。楽天銀行のスーパーローンなら、在籍確認の電話電話連絡がないと言っている方がいますが、残念ながら電話による在籍確認はあります。サイトを見ると、限度額300万円までであれば、収入証明書の提出が原則不要となっています。しかし、勤務先への在籍確認があると、しっかり記載されています。しかし、専業主婦であれば、自宅に誰もいない時に申し込めば大丈夫ですね。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日