借り入れ総額100万円以上が目安になります

借り入れ総額がいくらになったらおまとめローンを組んだ方がいいのでしょうか。これは100万円を超えた時点が目安となると思ってください。

 

これはおまとめローンを組むメリットを利用するためで、消費者金融では借り入れ額に応じて金利が上下するからです。この100万円とは、それまでの額より確実に金利が下がる額なのです。このようなおまとめローンのメリット面について説明していきます。

 

50万円までは最高金利が設定されます

どの消費者金融でも、50万円までの借り入れに対しては原則的に収入証明書の提出は不要です。そのため50万円までは最高金利を設定されることがほとんどです。ほとんどの消費者金融では最高金利は約18%に設定されています。そのため50万円までの借り入れに対してはこの金利が設定されますが、これを超えると序々に金利が下がっていく傾向があります。ですがこれはその人の今までの利用実績にも左右されるので、一概にはいえません。

 

ですが100万円を超えると、必ず金利が下がります。これは利息制限法という法律に基づく最高金利が、100万円以上の借り入れに対しては15%が最高だからです。そのためどの消費者金融でも、100万円以上の借り入れに15%より高い金利を設定することはできません。

 

これがおまとめローンを組む最大のメリットだといえます。100万円以上の借り入れをいくつも行っている人もそうはいないので、それより小さい額の借り入れを複数行っている場合がほとんどでしょう。それらをまとめて一本化して100万円以上の借り入れにしてしまうことで、最高でも15%の金利になります。このように約18%の借り入れを複数行っていて、合計すると100万円以上になる場合、このおまとめローンで一本化することは大変有効だといえるでしょう。

 

金利が下がる以外のメリットもあります

この金利が下がること以外にもおまとめローンを組むことによるメリットがあります。それは借り入れの管理が楽になるという点です。複数の借り入れを行っている場合、その返済日がまちまちなことが多いです。場合によっては返済日を忘れてしまうことがあるかも知れません。おまとめローンによって返済日が1つだけになることで、そういった心配がなくなります。

 

またATMからの振り込みで返済を行ってる場合、ATMの利用手数料を支払っていることがありますが、その手数料が掛からなくなります。件数によってはこの手数料も馬鹿にならない金額になるので、これが無くなることも大きなメリットだといえると思います。

 

そして返済先が1つだけになるので、総額であといくら借り入れがあるのかが一目で分かるようになり、返済の目処も立ちやすくなります。月々の支払いの他に余裕ができた場合、もちろん前倒しで返済を行って構いません。借り入れ総額が減るほど、それに掛かる金利の額も減ります。早く完済するためには、返済日以外に少しでも返済を行うことが大切です。

 

多重債務状態から解放されます

複数の借り入れを行っている場合、それがまだ返済できる範囲だったとしても、借り入れ件数が多いと多重債務状態だと判断されることがあります。借り入れ先が1つだけになると、借り入れ総額こそ変わりませんが、そう判断されることがなくなります。

 

おまとめローンは借り入れの完済を目指すローンなので、これを組んだ後に新たな借り入れを行うことはおすすめできませんが、もしどうしても新規の契約を行う必要ができた場合、借り入れ先が1つだけというのは審査において有利になる条件です。

 

ですがおまとめローンを組んだ時点でそれまでの借り入れ先全てに一気に完済が行われているので、信用情報の記録を見ると、どこかでおまとめローンを組んだことはバレバレです。そのためいくら借り入れ先が1つだけになっても、新たな借り入れは難しい可能性がありますん。この点はあまり期待しない方がいいかも知れません。

 

おまとめローン後の新規の借り入れは、信用情報次第ということになります。特に返済の遅延を行ったことがある場合は難しい可能性が高いです。また収入も大事な審査要素です。おまとめローンを組んでも収入が比較的多く、まだ返済に余裕があると思われた場合は新たな借り入れを行える可能性があります。

 

返済のゴールが見えることが大きいです

上にも書きましたが、おまとめローンによって現在の借り入れ総額がすぐに分かるようになるので、新たな借り入れを行わない限り、その金額を序々に減らしていくことになります。この少しづつでも借り入れが減っていく様子を見ていると、完済というゴールが序々に近付いているのが目に見えて分かります。

 

完済を目指している人にはこれが何よりのメリットかも知れません。人は全く見えないゴールに向かって頑張るのは難しいですが、それがはっきりと見えている場合は頑張ることができるものです。おまとめローンによって、少しでも早い借り入れの完済を目指してください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日