原則は通常のキャッシングと変わらない理由

専業主婦の方でもキャッシング審査に落ちてしまうことは良くあることです。特に借入先が銀行になるのですから、少々厳しい審査になることは容易に想像できるでしょう。しかし、専業主婦だからと言って特別な理由で審査に落とされてしまうわけではありません。

 

理由としては、借入総額が多い事、信用情報に悪い情報があること、夫の収入が少ない、などが挙げられます。この他にもいくつかの理由がありますが、この三つは特に多いものです。また、全てにおいて会社員やOLがキャッシングを利用しようとして審査に落ちてしまう場合の理由とほぼ同じです。

 

女性におすすめなのはこの2つ!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

借入総額が多いと審査に落ちる

特に、この理由が専業主婦の方がキャッシング審査に通らない理由として最も多いこととなります。専業主婦は働いてはいませんから、勤続年数や自身の収入が低いことが理由となるわけはありません。ですので、個人信用情報は借入状況以外に審査に落ちてしまう理由は基本的には考えられません。

 

総量規制まで借りることは不可能

キャッシングについての知識がある方ならば、誰でも総量規制という言葉は知っていると思います。年収の三分の一までお金を借りられる、というものですが、専業主婦の場合は適用されません。そもそも、銀行カードローンを利用することになりますので、総量規制は一切関係ないのです。ですが、配偶者貸付という夫の収入を元にお金を借りる制度を利用するのだから、夫の年収の三分の一までお金を借りられるはずだ、と勘違いされている方も多いのです。

 

専業主婦が借りられるのは一律30万円まで

専業主婦の方の場合、収入がゼロですから、夫の収入を返済の頼りにした配偶者貸付を利用する、ということはだいたい合っています。しかし、利用できる金額は殆どの銀行では一律で30万円と定められています。中にはそれ以上の金額の融資も受けられる銀行もありますが、それは例外中の例外です。

 

その上、その銀行も上限を定めていますが、そこに夫の収入は関係ありません。例え、年収200万円の夫がいても、年収1億円の夫がいたとしても、殆どの銀行では30万円が融資限度額である、と決められているのです。ですから、年収の三分の一まで借りられる、というのは他ならぬ誤解ですので、注意しておきましょう。

 

個人信用情報が関係して審査に落ちる場合

このような場合の多くは、自信がブラックリスト入りしてしまっている場合です。過去に自己破産をしたことがある場合や、一部債務整理を行った場合は、ブラックリスト入りしている期間中であれば、融資を受けることはできません。

 

例え、結婚して名前が変わっていても、仕事をしなくなったからと言っても、一切関係なく融資を受けることはできませんので、心当たりがある方は潔く諦めましょう。

 

クレジットヒストリーが悪いとき

また、ブラックリストに入っていなくとも、クレジットヒストリーが悪ければ審査に落ちてしまいます。クレジットヒストリーはこれまでのクレジットカードの利用や、住宅ローンなども含まれる、借りたお金を返済したときの記録です。

 

そこに遅延、延滞などの記録が残されているのですが、もしもそれが多かったり、悪質な行為が含まれていると判断されてしまえば、自然と審査に落ちてしまうことになります。ですが、このような場合は結構な努力をしなければなりませんが改善することができます。これをクレジットスコアを稼ぐ、というのですが、方法としては新たにクレジットカードを作り、それを積極的に利用して、きちんと返済を続ける方法です。

 

そのようにすることで、自分のことをきちんとお金を返済することのできる人だと、クレジットヒストリーから審査をする業者にアピールすることができるのです。そうすることで、この前は審査に通らなかったけれど、無事審査に通過できた、という事例はいくつもありますので、試してみることをオススメします。

 

夫の収入が低い場合

原則としては、無収入の専業主婦がキャッシングを利用する際に夫の収入は関係ありません。一律で限度額が決まっていますし、専業主婦として生活している以上、夫の収入が十分にあり、少額の融資ならば十分に返済できるだろう、と審査する側もきちんと判断してくれるので、原則としては関係なのです。

 

夫が自営業などの収入が不安定になりがちな場合

しかし、中には例外があり、夫が自営業や会社経営などをしている場合には、収入がどれくらいかが非常に重要になります。そもそも、このような職業の方が通常のキャッシングを利用するときにも、収入証明書を提出しなくてはなりません。

 

キャッシング会社からすれば、自営業や会社経営者は収入が不安定で貸し倒れのリスクが高いのです。そのために、夫が自営業などをしている場合は、専業主婦の妻がお金を借りる場合であっても、収入証明書は提出しなくてはなりません。そこで、収入が低ければ審査に落ちてしまう、という可能性が十分にありますので注意しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日