少額融資を希望するなら消費者金融で

消費者金融は金利が高いから避けた方がいい、そのように言われることは非常に多いのです。しかし、少額融資を行う際、特に即日融資を受けたい場合ならば、銀行カードローンより消費者金融の方がメリットがあります。

 

メリットとしては、少額ならば収入証明書が不要なこと。担保なしで借りることができること。審査時間が大変短いこと。最短で即日借入が可能なこと、などが挙げられます。もちろん、CMなどで見ていてご存知の方は多いでしょう。また、そのような消費者金融は大手ですので、倒産などの心配がありませんから、安心して借りることが可能です。

 

すぐに借りたいならココがオススメ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

借りること自体はとても簡単

消費者金融のキャッシングは年齢制限をクリアしていることと、十分な収入があること、必要な書類を用意していれば誰でも簡単に審査を受けることは可能です。必要書類も働いているのならば、本人確認書類だけで十分です。

 

身分証明書としては運転免許証が一番ですが、パスポートや健康保険証などで十分です。また、店頭に持ち込むこともありますが、現在ではネットでの申込みが一般化していますので、ネット申込みを利用する際は画像をアップロードすることになります。

 

収入証明書は50万円を超えてから

収入証明書としては、給与明細や源泉徴収票、確定申告などが該当しますが、これらを求められる場合は50万円を超えてから必要となります。ですが、もしも自営業や会社経営者だと言う方ならば、少額の融資であっても必要になりますので準備しておきましょう。

 

また、審査が甘いからと言っても、偽造書類などを持ち込むの後程大変な目に遭うこともありますので、求められた際にはきちんと正式な書類を提出するようにしましょう。

 

自己申告を行うので有利になる条件を述べる

また、少額融資の際は基本的に自己申告をします。申告書に書く内容としては年収がいくらか、一人で住んでいるのか、家族と住んでいるのか、などですが、これらは嘘を吐かない限りでは自分自身に有利になる条件を書いておいてもルール上はセーフです。

 

例えば、一人暮らしだが、実家が近く帰省することが多いというのであれば、実家に家族と住んでいると表記したほうが有利になります。また、年収についてもアルバイトや自営業ならば、一番収入が多かった時の金額を記入しておけば有利になります。ここではわざわざ不利になるようなことを書いても意味はないので、できるだけ有利になるように書いておいた方が得をしますよ。

 

また、審査に通りやすいこと以外にも消費者金融の利点として、初回無利息サービスや自動契約機の利用、ネットでの申し込み、ネットで手続きを完了させられるWEB完結などの制度を行っている所もありますので、得をするように利用すれば、銀行カードローンを利用するよりもかなり得をすることがありますので、利用する際にはその方法を調べておくといいでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日